求められるスキルは?

公認会計士として働くためにはまず、国家資格を取得することは言うまでもありませんが、その他にも、プロとして働くためにはこんな能力が必要となります。

少年まず、現場で利用できる会計能力を身につけるということです。現場経験が少ない公認会計士は、いわゆるペーパーで、資格取得をしていても、実際にちゃんと働くことは出来ません。数字に強いということは絶対条件として、資格試験合格後、現場研修に出た際に、色々なことを身につけた上で、仕事に臨みましょう。

次に、強い意志です。企業監査を行う場合は特に、間違っていること正す強い意志が無いと、どうしようもなくなってしまうでしょう。長いものに巻かれる精神では務まらない場面も多いため、しっかりと意志主張を行える能力を身につけることが大切です。

このように、やるべき仕事をきちんとこなすために、意志の強さはもちろんのこと、身につけなければいけない能力があります。資格取得だけで浮かれてしまうと、実際に働きに出た時に困ってしまうことになりますので、しっかり現場で学んで、色々なものを吸収するようにして下さい。

プロとして一人前になるためにも、まずはこうした能力が必要不可欠と言えるでしょう。

Pocket