自分に合ったものを

公認会計士の資格取得を出来る講座には、色々なタイプがあります。講座ごとの特徴をよく理解した上で、自分に合っているタイプを選べるようにすることが大切です。まず、講座は大きく分けて、二つの種類に分かれます。一つは在宅で勉強出来るタイプ、もう一つはスクールなど、お外で勉強するタイプです。

図書館在宅タイプの場合は、テキストで勉強するタイプの講座で、自分の好きなタイミングで勉強をすることが可能です。外にテキストを持参して、カフェや図書館なとで勉強をすることも出来るでしょう。自分の好きなタイミングで勉強をすることが出来、時間を有効活用できるタイプですが、その分意志が弱いと、勉強を続けることが出来ず、断念することも少なくありません。

反対にスクールなどの講座タイプの場合は、プロがしっかりとわかりやすく教えてくれるという利点があります。分からないところも、直接教えてくれるのが、嬉しいポイントです。ただし、非常にお金がかかる所もあるという点や、自分のスケジュール都合では通いにくいという点がたまに傷。

このように、お互いにメリットデメリットがありますので、自分に合っている方を選んで、勉強をするようにしてみて下さい。

資格講座でスムーズに

公認会計士の資格取得を行う際には、超高密度の勉強が必要となりますが、ホームワークだけではなかなか限界があると言えるでしょう。最初の難関をクリアするためにも、公認会計士の講座を受講すると、効率よく勉強することが出来るでしょう。

ノート資格の講座にはいくつか種類がありますが、一から勉強をする際には、全て勉強出来るタイプの講座を選びましょう。細かく内容が分かれているタイプの講座もありますが、こちらの場合は、ある程度勉強を進めて、自分の不得意な分野がわかってから、集中的に受けるようにすると効率的です。

効率の良さや時間短縮を重視するのは、資格勉強において、非常に重要なポイントになります。まずは全体的にざっと勉強をした後に、分かりにくいところをピックアップして、集中をして勉強するべきでしょう。

講座によっては、全ての内容を習った後に、総復習として振り返られるような機会を設けているところもあります。また、在宅学習タイプもあれば、スクールなどに通うタイプもあるでしょう。

資格取得のための講座には、色々なタイプがありますので、自分に合ったタイプを選べるように、それぞれの講座の特徴をよく踏まえた上で、判断するようにしてください。

求められるスキルは?

公認会計士として働くためにはまず、国家資格を取得することは言うまでもありませんが、その他にも、プロとして働くためにはこんな能力が必要となります。

少年まず、現場で利用できる会計能力を身につけるということです。現場経験が少ない公認会計士は、いわゆるペーパーで、資格取得をしていても、実際にちゃんと働くことは出来ません。数字に強いということは絶対条件として、資格試験合格後、現場研修に出た際に、色々なことを身につけた上で、仕事に臨みましょう。

次に、強い意志です。企業監査を行う場合は特に、間違っていること正す強い意志が無いと、どうしようもなくなってしまうでしょう。長いものに巻かれる精神では務まらない場面も多いため、しっかりと意志主張を行える能力を身につけることが大切です。

このように、やるべき仕事をきちんとこなすために、意志の強さはもちろんのこと、身につけなければいけない能力があります。資格取得だけで浮かれてしまうと、実際に働きに出た時に困ってしまうことになりますので、しっかり現場で学んで、色々なものを吸収するようにして下さい。

プロとして一人前になるためにも、まずはこうした能力が必要不可欠と言えるでしょう。

公認会計士の資格取得

公認会計士に憧れる方は少なくありませんが、公認会計士になるためにはまず、資格取得をする必要があります。こちらの資格は民間資格ではなく、国家資格となりますので、資格を取得するためにはまず、筆記試験をパスする必要があるでしょう。

男女筆記試験では、会計の基本的知識として必要な、様々な科目をクリアしないといけません。必須科目としては、会計学、監査論、企業法、租税法の四科目になりますので、きちんと対策をした上で、臨む必要があるでしょう。

合格率は例年10パーセント前後と、しっかり準備をした方でも、そう簡単に通過できる試験ではありません。何度も何度も受験して、ようやくクリアできたという方も多いため、十分準備をしておきましょう。

筆記試験をパスした後に、現場において、2年以上の補助業務を行います。会計を専門に行なっている企業などで受け入れてもらい、現場での実戦経験を通して、現場で使える知識と技術を身につけていくのです。2年以上現場を積んだ後、日本公認会計士協会が行う筆記試験を受け、合格することで、晴れて資格取得をすることができます。

資格取得をするためにはかかる期間は人によっても異なりますが、最初の国家資格の段階で2.3年、さらに現場で2年かかりますので、ある程度長いスパンがかかるということを覚悟しておきましょう。場合によってはもっと必要になる方もいるかと思います。しっかりと時間をかけて、臨むことが大切です。